一年前の私へ送るブログ【19卒】

2019卒が去年の私に向けて今の想いを綴ります

わかった。

どーも私です。

 

私分かりました。

やっぱり私社会に向いてない。

 

「飾らない、ありのままの姿で勝負したらいいんだよ~」

っていろんな先輩に言われましたが、

飾らない姿で勝負できるのはもともと明るくて、社交的で主体的で積極的な人だけです。

私みたいな根暗いんきゃ、協調性と適応能力で生きてきた人間は別です。

 

先日個別説明会に出向き、社員の方にお話を聞いて、あ、面白そうだな、いいなって思った企業があったんです。

選考の次のステップがSPIと適性検査だったので、受けたんです。

その社員の方が言うには、これで落ちる人はいない、気軽に受けて、って言われたんです。

なるほど、って思って、でもSPIの対策はやりました。

SPIの予約をするときに適性検査も受けたんですよ。性格診断みたいなやつです。

結構正直にやったんです。私は周りと協力したいタイプで、リーダーシップ取るタイプではなくて、周りの人の話を聞くタイプで。

主体性のないインキャだと思われたんでしょうね。落ちました。

SPIの手ごたえは悪くなかったんです。意外に解けたな、って感じで。

 

お祈りメールには、「人格を否定しているわけではない」と書いてありました。

それで察しましたよね。「適性検査で落ちたんだ」と。

 

その企業に「合わない」と判断されたってことは、同様の企業全てからも「合わない」判定される確率の方が高いってことじゃないですか。

馬鹿正直に答えた自分が本当のバカでした。

入りたい企業からのお祈りってこんなにショックなんですね。しかも、テストだけで。

イベントでオファーを受けた企業だったんですけど、GDを見てもらって、個別面談してもらって、それで性格で落とされるなんて。もう挑戦できないなんて。

これからは、馬鹿正直に答えるのやめます。

それは入った後がつらいよ、っていう人がいると思います。

でも、入る企業がないんです。このままじゃ。

これからは企業が求めている像に近づけるように答えようと思います。

これだから就活は嫌なんだ。