一年前の私へ送るブログ【19卒】

2019卒が去年の私に向けて今の想いを綴ります

自己開示

 

企業の個別面談に行きました。

 

今回は、いつかと同じイベントでオファーを受けた企業で、2回目の面談。

前回は私の話、就活の話、相手の話っていうおしゃべりで終わり、今回は企業の説明をメインにしますね、というものでした。

 

前回お話をした際、その人事の方に魅力を感じなかったのと、給与とかそういった面でも「この企業ナシだな」と思っていたので、利用するだけ利用してやろうと思い、OpenESを持っていき、自己PRとガクチカを見てもらうことにしました。

 

最初に何か聞きたいことありますか、との事だったので早速ESを取り出し、見てもらいました。

 

 

結果、ESの添削だけで1時間まるまる使ってしまいましたwww

 

私もね、色んなサイトや本やお話を参考に、自分が何をPRすべきかを考えて私なりにいいんじゃない…?と思ってた自己PR文だったので、どやって感じで見せたのに、あんなにボコボコに言われるとはwww

 

ふわっとしてる

へーそうなんだで終わる

何も人柄が伝わらない

 

えええ????みたいなね

ちゃんとSTARに則ったし、自分がどういう考えでやったとか成果もきちんと書いたのに。

 

そう言ったら、

そーゆうテンプレに則って書いただけに見える

とのこと。

 

 

( ᐛ👐)パァ

 

 

どうしてそうしたか

どうやってそうしたか

 

そこが見えないと。

5w1hのHowが見えない

って言われました。

 

貴方は伝えたいことを書いてると思っていても、貴方のことを全く知らない人が読んだら伝わらないよ、と

 

わからないのかァー

つて思いました。

汲み取れるっしょ!と思って書いたことも、意外と汲み取ってくれないみたいです。

 

そして、もうひとつ教わったこと。

 

自分の弱みも見せること。

 

自己開示という意味で、自分の弱みもさらけ出してくれる人の方が信じられるでしょ、と。

たしかに……って思いました。

 

よく先輩とかに相談すると、飾らなくていいよ、素のままでいいよ、そう言われます。

それに対する愚痴もこの前書きましたね。笑

 

でも、

ここが私の足りないところです。だからこうしました。こう改善しました。

 

もしくは

ここが私の足りないところです。だから私はこういう面で頑張りました。

 

その方が信じられる。

 

人と仲良くなるためには弱いところを見せろって

いじれるポイントつくれってどっかの本で読みました。

自己開示してくれる人には自己開示しよって思いますしね。

 

これが、みんなの言う飾らなくていいよなんだなってすごい腑に落ちました。

 

 

まあこれはその人事の方の意見ですし、

自己PRなんだから弱み書かないでいいだろーっていう方もいると思いますし

他の方に添削頼んだら、また別の意見が返ってくるんだと思います。

 

実際、弱みは面接で聞かれたら答えればいいんじゃ…とも思います。

 

自己PR文とかいう、数百文字の情報が全部本当だとは人事も思ってない。

だから面接で掘り下げるんだよ。

 

とおっしゃってました。

 

弱みも強みも、全部見てくれて、その上で採用してくれるそんな会社に入りたいですね。

 

 

 

やっぱり新しい気づきや発見は楽しくてしょうがない。

人と話すこと、人の意見を聞いてそれが自分になっていく。

そういう実感がある会社ないかなー。

 

よく考えたらロクに就活もしてないコネ入社の社員さんだったしあんなボコボコに言われたの段々腹が立ってきたけど、会社にとってなんのプラスにもならないES添削を業務時間中にやってくれたので感謝感謝